Photoshop / フォトショップ テキスト加工

【Photoshopで遊ぼう】文字テキストをお城の背景に入れる方法・立体感出る!

Photoshop / フォトショップ

今回紹介するのは、テキストを背景に入れ込む方法!

ベトナムのフエ王宮に行った時の写真です!

門(フエ王宮の牛門と呼ばれる大きな入り口の門です)の後ろに”IMPERIAL CITY”と英語で入れていきます。

工程はとても簡単で、

  1. 空を選択
  2. 選択範囲を反転
  3. 反転した選択範囲にマスクを掛ける
  4. マスクを掛けたレイヤーの下にテキストレイヤーを挟む

たったこれだけ!

非常に簡単にできて、かっこいい加工に見えるので、ぜひ試してみてください。

完成品はこれ

 

Youtube動画!

動画を作ったので、分かりにくい部分があれば見比べながらやってみてください。

 

手順1 空を選択

まずは色が単一で選びやすい空の部分を選択する。この場合選びやすい方でOK(残したい方が選びやすければそちらでも、その場合次のステップの反転させる必要はなし)。

写真のレイヤーを複製する

複製するのは、レイヤーを選択した状態でCtrl+J。

これで複製ができたはず。

 

上になっているレイヤーを選択した状態で、空の部分を選択

いつも使っているクイックセレクションツールで、空の部分を選択。

 

選択範囲を調節

選択された範囲が大きすぎる場合は、ALTキーを押すと”ー”アイコンが出て、削りながら調節していくことも可能。

 

手順2 反転させる

選択範囲を反転させる。

ショートカットキー:Ctrl+Shit+I

 

手順3 マスクを掛ける

選択範囲が反転されたので、ここでマスクを掛ける。選択範囲=残したい部分が残り、その他の部分は透明になる。

 

マスクがかかったことを確認する

一見マスクがかかったかどうかぱっと見では分からないけど、

 

背景のレイヤーを見えなくしてみる

レイヤーの目のアイコンをクリックして、背景のレイヤーを一時的に消してみる。そうすると、マスクがかかっているか確認できる。

 

マスクの調節(必要な場合のみ)

ここでマスクの調節もできる。

マスクを掛けたいところを選択し、ブラシツールを使って消していく。黒100%にしないとちゃんと消えないのでご注意。

 

ブラシツールで黒と白をXで使い分ける

黒はマスクを掛けて、白はマスクを復元してくれる。Xで簡単に背景色と、描画色が入れ替わる。

ショートカットキー:X

 

選択解除

作業が終わったら選択範囲は必要ないので選択解除する。

ショートカットキー:Ctrl+D

 

手順4 テキストレイヤーを入れ込む

テキストレイヤーを真ん中のレイヤーとして入れ込む。

 

サイズやフォントを調節して完成!

好きなフォントやサイズにして、完成です!!

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました