Affinity Designer / アフィニティデザイナー

ビンテージ感の出るかすれ加工・グランジ加工方法【アフィニティデザイナー/Affinity Designer】

Affinity Designer / アフィニティデザイナー

今回の記事では、最終段階の加工としてぐっとカッコよくなるグランジ加工をやってみます。

ビンテージ・アンティーク感が出て、Tシャツデザインなんかでもよく使われる方法です。

やり方はマスクをかけて、グランジ加工専用のブラシを使うだけなので、とってもシンプル。

加工前と後

今日使うブラシ

Hi Resolution Messy Grunge Brushes
Photoshop Brushes - Brusheezy is a HUGE collection of Photoshop Brushes, Photoshop Patterns, Textures, PSDs, Actions, Shapes, Styles, & Gradients to download, o...

今日使う英単語とショートカットキー

English 日本語 ショートカット
Mask Layer レイヤーのマスク

解説動画

グランジ加工の手順解説

動画で分かりにくい部分があるかもしれないので、スクショを用いて順を追って解説していきます。

 

グランジ加工をかけたいレイヤーを一つのグループにする

まずは加工したい画像を一つにしてグループ化しておく。

グループはレイヤーを選択して、Ctrl+Gでできる。

そして、今回は背景は加工を施さないので、背景は一つのレイヤーにして、メインのデビルデザインをグループにしています。

 

ピクセルペルソナ画面へ

ここで、ピクセルペルソナ画面へ移行。始めからピクセルペルソナでやっても同じですが、ピクセルブラシを使いたいので。

 

グループにマスクをかける

次に、デビルのレイヤーグループにレイヤーマスクをかける。

デビルレイヤーグループを選択した状態で、レイヤーウィンドウの下にあるマスクアイコンを選択。

 

ブラシツールに切り替え

ブラシツールを選択して、塗りは必ず黒。線はなし。

今回使うブラシは、

Hi Resolution Messy Grunge Brushes
Photoshop Brushes - Brusheezy is a HUGE collection of Photoshop Brushes, Photoshop Patterns, Textures, PSDs, Actions, Shapes, Styles, & Gradients to download, o...

こちらをダウンロードして使ってます。

 

ブラシをいい感じのサイズにして、塗る

好きなブラシが選べたら、ブラシサイズを調節して、カーソルを画像の上にのせるとプレビューが出るので、好きな場所に来たらクリックして確定。

これで加工は終了。

 

おまけ・背景を変えて遊んでみる

加工が終わったら、マスクをかけた部分は透明になっているので、背景の色が上に出てくる。

ここで背景の色を変えて、バリエーションを作るとこれまた面白い。

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました