Affinity Photo / アフィニティフォト Affinity Photo Intermediate / アフィニティフォト中級

ライブフィルターの中の”ゆがみ”ツールが超使える【アフィニティフォト1.9】かっこいい加工ができる!

ライブフィルターの中の”ゆがみ”ツールが超使える【アフィニティフォト1.9】かっこいい加工ができる! Affinity Photo / アフィニティフォト

今回は、affinity photoの1.9バージョンのアップデートで新規追加された、ライブフィルターの中に入っている「ゆがみ機能」について解説していきたいと思います。

私はこの”ゆがみ”機能が大好きなので、今回のチュートリアルでどれだけ歪み機能がクールなのか伝わるはず!!!!

完成品

今回使ったイケメンの素材。かっこいい。。。

じゃーん!!!肌の上に花柄が乗っている感じに見えますか?

これを今回はやっていきましょ。

素材

使っている素材リンクは、

Free Stock Photos, PNGs, Templates & Mockups | rawpixel
Free images, PNGs, stickers, backgrounds, wallpapers, graphic templates and PSD mockups. All safe to use with commercial licenses.

こちらの紹介リンクから登録してくださると、私の素材が使える幅が増えるのでありがたいです。もちろん無料です。

もしよければ、お願いします!!!!

今回使った素材は下記の二つ。

イケメン

Photo by Alex Iby on Unsplash
Smoking Kills. Download this photo by Alex Iby on Unsplash

花柄+蝶々

Chinese Paintings of Flowers and Insects Free CC0 Botanical Artworks | rawpixel
Chinese paintings of flowers and insects from the Qing dynasty (1644–1911), the last imperial dynasty of China. Traditional forms of art and...

私が実際に使っているスタイラスペンABAZAR公式ページ

Active Pen for Microsoft Surface, 4 Pen Tips, Certified Stylus, Compatible with Surface Pro X/7/6/5/4/3, Surface Go 2, Surface Laptop/Book, 1024 Levels Pressure, AAAA Battery, Palm Rejection
  Grab your ABAZAR Active Pen and take notes or sketch a diagram on your Surface as if you were writing with pen on paper. With up to 1024 levels of pressure se...

ちょろっと調べましたが、日本のAmazonでは売っていない商品みたいで、、、

私は、とっても優しい彼がアメリカから買って来てくれました。ただの自慢ですいません。

ランダムに選んだ商品ですが、かなり気に入っているので日本でも販売されることを祈ってます!

動画

解説

まずイケメンの写真を開いて、その上にさらに別の画像を載せましょう。

画像を開く: control+O

画像を配置: ファイル>配置

 

ライブフィルターを使っている時に見やすくなるように、上のレイヤーの不透明度を、少し下げておきます。

どちらのレイヤーもしっかり見えるくらいのレベルまで下げましょう。

 

ライブフィルターを開くには、

レイヤー>新規ライブフィルター>レイヤー>ゆがみ>ゆがみ

と開いていきます。

 

基本的に使うのは、ツールバーの中の上から3番目にある

”歪み前に押し出しツール”

を私は使います。まずはフェイスラインに沿って、中にグイグイ入れていきましょう。

 

鼻や頬など出っ張っている部分は、外側に広げていきます。

そうすることで少しずつ立体感が出てきて、上に被せたフィルターが、実際に肌の上に乗っているように見えるのです。

 

満足のいくものができたら、左上の”完了”をクリックして元の画面に戻ります。

 

戻ると歪みライブフィルターのレイヤーが追加されるので、また後ほど編集することも可能です。

 

次に髪の毛などにかかってしまっている必要のない部分を、マスクで隠して行きます。

上のレイヤーを選択した状態で、マスクボタンをクリック。

 

マスクレイヤーを選択した状態で、ブラシツールにして色は”黒”で塗っていきます。

 

目の中もマスクで隠して行きます。

 

マスク作業が終わったら、上のレイヤーの描画モードを”乗算”に変更しました。

これでよりリアルな雰囲気が出ると思います。

 

色が強すぎる場合は、”不透明度”を下げます。

 

さらに肌に馴染むような色になるかと思います!

 

これで以上です。

どうでもいいけど、タトゥーに憧れた話

私はタトゥーは入ってませんが、若い頃はとても憧れたものです。

でも、やっぱり日本の社会はまだまだタトゥーは許容されてませんね。温泉にも入りたいし。

なのでデジタルタトゥーで楽しむので十分かな、なんて思いました。

 

ではでは~。

タイトルとURLをコピーしました