Affinity Photo / アフィニティフォト Affinity Photo Intermediate / アフィニティフォト中級

透かしを大量の画像に一気に自動で入れるバッチ一括処理の方法/Affinity Photoのマクロ機能を活用!!

Affinity Photo / アフィニティフォト

お久しぶりです!ご無沙汰しております。

なかなか忙しくてアップデートできませんでしたが、少し余裕ができたので、今回は透かしの一括処理について解説きたいと思います。

一括処理・バッチ処理とは?

一括処理とは、一気に同じ作業を自動で繰り返してくれる機能。
本来Batchは、一団とか塊をあらわす言葉。

Youtubeで解説

Affinity Photoで透かしを一括で入れる方法を解説

はじめに注意点

今回紹介する方法は、同じサイズの画像にしか処理ができません。

Photoshop で同じような作業をする時には、ベースになる画像と、透かしにするレイヤーを一緒に選んで右揃え下揃えにする方法ができました。

しかし、affinity photoは(現在はまだ)同時に複数のレイヤーを選ぶことはマクロの中ではできない様子。

もし別の方法があれば、教えて欲しいです!では前置きが長くなりましたが、解説始めます。

画面に必要なものを出す

まずは画面上に必要になる、ライブラリーとマクロを表示させる。

  • ライブラリー
  • マクロ

表示>スタジオの中に入っています。

view>studio

マクロを起動させる

マクロのウィンドウが出てきたら、左上にある赤いボタンの”Start Recording/ 記録を開始”をクリックして、マクロにアクションを記憶させて行きます。

Start Recording/ 記録を開始

使いたい透かしを配置します。

File>Place / ファイル>配置

背景が透明なpng画像を使用しました。

お好みで不透明度も調整。

Opacity/ 不透明度

これでマクロの記録は終了です。

マクロの記録を停止させライブラリに保存

先ほど記録の時に使用した赤いボタンの右側にある停止ボタンの、記録の停止を選択。

Stop Recording/ 記録を停止

作ったマクロをライブラリに保存する必要があるので、右から3番目のアイコンの”Add to library/ ライブラリに追加”をクリックする。

Add to library/ ライブラリに追加

別のウィンドウが出てくるので、わかりやすいように作ったマクロに名前を付けます。

これでライブラリを見ると、新たにマクロが追加されていると思います。

ちゃんとできるか別の画像で確認

では別の画像で確認してみましょう。

新しい画像を開いて、作ったばかりのライブラリーの中のマクロをクリック。

一瞬で透かしが!なかなか感動的ですよね。

一括処理を開始

最後にこれを一括処理してみましょう。

”File>New Batch Job / ファイル>新規一括ジョブ”を選択します。

File>New Batch Job / ファイル>新規一括ジョブ

一括処理の画面が出てくるので、まずは一括処理を施したいファイルを全て選びます。

下の方にある”Add /追加”を選択。

Add /追加

ポップアップで自分のPCフォダが表示されるので、画像を選んでいきましょう。

次に一括処理をした後の保存先を選択します。

上に表示されているオプションは同じフォルダ内に保存する。

これだとオリジナルファイルに上書きされてしまうので、私は別フォルダーを作って2番目の別フォルダーに保存します。

Save into original location/ 元の場所に保存

Save into/ 保存先: 別フォルダが選択できる

2番目のオプションをクリックすると、またポップアップで自分の PC のフォルダ等が表示されるはずです。

保存先を選びなおしたいときは、右の方のちっちゃい点々が3つ並んだアイコンを選択して、再選択してください。

次にどんなファイル形式で保存したいかを選択。

今回は JPEG のみで保存したいと思います。

ここでリサイズも可能。

W: Width / 横幅

H: Hight / 縦

WとHはそれぞれ、横と縦サイズを表していてどちらか一方に入れると、勝手に同じアスペクト(縦横比)でリサイズされます。

一気にリサイズしたい時、これはとても便利。

次にマクロを選択。

Available Macros/ 使用可能なマクロ

選択するだけではなく必ず下にあるapplyをクリックして、右側のウィンドウに入るようにしてください。

最後に OK を押すと、一括処理が実行されます。

Applied Macros/ 適用されているマクロ

これで選択したすべてのファイルに、同じ様に透かしが追加されました。

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました