Affinity Photo / アフィニティフォト Affinity Photo Beginner / アフィニティフォト入門

AffinityPhotoでパターンを一瞬で作る/配置する時の注意点

Affinity Photo / アフィニティフォト

Affinity Photoの1.9に追加された新機能で、ベクターブラシや画像から簡単に、しかもライブでパターンが作れてしまいます。

シェイプから作るには、少し別の方法が必要なので、それも解説していきます。

さらに、作ったパターンレイヤーにマスクをかける際に注意したいポイントも、まとめてあります。

Youtube動画

パターンの解説

初めに基本的なパターンの作り方

メニューバーのレイヤーから新しいパターンレイヤーを出します。

レイヤー>新しいパターンレイヤー

 

”新しいパターンレイヤー”というタブが出たら、適当に数字を入れます。

今回は新規作成した時に、横幅が1280ピクセルの新規ファイルにしたので、縦横が300ピクセルずつの正方形で作っていこうと思います。

 

ブラシツールにして、ファイルの上にカーソルをやると、すでにライブになっていることが分かるはずです。

 

適当にブラシツールで、パターンを作りました。

 

移動ツールにして、サイズを変えることも可能です。

シェイプツールを使ってパターンを作る場合

ベクターブラシではなくて、シェイプツールを使う時は少し別の方法を使います。

先ほどと同じように、新しいパターンレイヤーを開いて、数字を入れ込みます。

レイヤー>新しいパターンレイヤー

 

入れ込んだ数字のサイズの四角が現れます。

 

シェイプツールで、好きなシェイプを入れ込んでいきます。

しかし、先ほどのようにライブでパターンができるわけではありません。

 

レイヤーの中から”下のレイヤーと結合”を選択します。

レイヤー>下のレイヤーと結合

ショートカット:Control + E

これで下にあるパターンレイヤーと結合されてパターンとして認識されたはずです。

 

写真からパターンを作成する

次に写真からパターンを作ってみたいと思います。

写真の画像を開いて、

レイヤー>選択範囲の中からの新しいパターンレイヤー

これで写真全体がパターンになります。

 

画像を部分的にパターンにしたい場合

下記の写真のように部分的にパターンにしたい場合は、もうひと手間加えます。

選択ツールでパターンにしたい部分を選択します。

 

綺麗にパターンになるような部分を、慎重に選択。

 

先ほどと同じように

レイヤー>選択範囲の中から新しいパターンレイヤー

 

移動ツールで動かしてみると、綺麗に出来ているか分かりますよ。

 

パターンレイヤーをマスクする際の注意点

先ほど作ったパターンを、壁紙として使ってみようと思います。

パターンを配置したい部分に選択ツールで選択。

 

先ほどパターンを作ったファイルから、コピーしてペーストします。

 

マスクをかけて、電灯の部分だけパターンがかからないようにしました。

パターンが小さいので、少し大きくしようと思ったら、マスクまで一緒に大きくなってしまいました。

 

そんな時にはパターンレイヤーとボタンレイヤーの子供であるマスクレイヤーが一緒になってしまっているので、

メニューバー下にある”子をロック”にチェックを入れてみてください。

”子をロック”にチェック

これでチャイルドレイヤーであるマスクが、独立して動くはずです。

タイトルとURLをコピーしました