Affinity Photo / アフィニティフォト Affinity Photo Intermediate / アフィニティフォト中級

黒いドレスに色を付けて簡単にカラーチェンジする方法/カラーバリエーション【Affinity Photo】

Affinity Photo / アフィニティフォト

EC サイトの画像加工などでもよく使うカラーバリエーションの追加。

今回は、黒いドレスに色を乗せていきます。

黒や白以外の一般的な色だと、色相を変えたりするのは案外簡単だけれど、

色情報のない黒と白は、ちょっと難しい。

今回紹介する方法を使えば黒いドレスもたちまちブルーのドレス赤いドレスに変えることができます!!

完成品

素材

Photo by Colours of Turkey on Unsplash
Download this photo by Colours of Turkey on Unsplash

Youtube解説動画

黒いドレスに色を付ける方法解説

複製

まずはいつものようにバックグラウンドレイヤーを複製。

Duplicate:複製 / Ctrl+J

 

色を変えたい部分を選択する

複製したレイヤーの色を変えたい部分、今回はドレスの部分を選択ブラシツールで選択する。

Selection Brush Tool: 選択ブラシツール

 

この時にデフォルトでは追加になっているが、選択しすぎて大きくなりすぎた選択部分はマイナスすることができる。

メニューバーの上の方にある”subtract”に切り替えると、選択範囲を減らすことができる。

いちいちボタンを切り替えるのが面倒なので、デフォルトの状態のままALTキーを押すとマイナスすることができる。

Subtract: ALT

 

作業効率アップのために、ショートカットキーをしっかり使っていきましょう!!

 

選択範囲をマスク

ドレス部分の選択が終わったら、選択範囲にマスクをかけます。

 

レイヤーのすぐ下にマスクレイヤーができたはず。

 

バックグランドレイヤー(背景)を消してみる(見えなくする)と、ドレスだけ残って見えるはず。

 

選択範囲はもう必要ないので、選択範囲を解除します。

Deselect: Ctrl+D

 

色を乗せる

次に、変更したい色の”新規塗りつぶしレイヤー”を作成する。

 

マスクをかけたレイヤーの中に、子レイヤーになるように”新規塗りつぶしレイヤー”を移動させる。

“塗りつぶしレイヤー”の下に色調補正の”レベル調整”を入れる。

Adjustment>Level

 

描画モードを変更

塗りつぶしレイヤーの描画モード(Blending Option)を”カラー”に変更する。

マスクをかけたレイヤーの下に、塗りつぶしレイヤーとレベル補正レイヤーがこの順番で並んでいることを確認。

描画モード / Blending Option> カラー / Color

 

レベル調整 / 色調補正

レベル補正のアイコン部分をダブルクリックすると、レベル補正ができるウィンドウが表示される。

 

ここでコントラスト等の明るさ調整も可能。

 

色味が違うなと思ったら、塗りつぶしレイヤーのアイコンを選択してカラーパネルで色を変えましょう。

 

おまけ

色味が強すぎる場合とか、コントラストが強すぎると思った時は不透明度を変えたりします。

Opacity: 不透明度

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました