Photoshop / フォトショップ 裏技

【Photoshopで遊ぼう】パペットアートのアニメーションを作る

Photoshop / フォトショップ

今回紹介するのは、フォトショップを使ったパペットアートのアニメーションの作りかた。

とっても簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください!

動画も作ったので、分かりにくければ動画も見ながらトライしてみて下さい。

手順1 写真をエクスポートする

まずは写真を番号順にエクスポートする必要がある。

使っているのはLightroom。フォトショップを使っている人なら、Lightroomも一緒に使っている人も多いはず!

でも、絶対Lightroomじゃないといけないわけでもないので、お使いのソフトでエクスポートしてください。

Lightroomで写真をエクスポート

使う素材の写真を全部選択して、Ctrl+Eでエクスポートする。

 

今回は、デスクトップにサブフォルダを作って、そこに写真を入れていく。

“Put in subfolder”にチェックを入れて、サブフォルダの名前を入力。

 

ここが大事!ファイルに名前を付けて番号もつける

番号付けがとても重要なステップになる。

“Rename to”にチェックを入れて、ファイル名を決める。

 

タブを開くと、自分でカスタマイズできるので、数字を入れれるようにして見て下さい。

 

エクスポートするサイズを決める

そして、サイズを決める。今回は長いエッジを1200pxで設定しましたが、youtubeに公開するなら1280とか、自分が発表したい場所に合わせてサイズを設定しましょう。

“Resolution”はweb用なら72で十分。あまり大きな数字にすると重たくなるので注意。

 

設定終わり。エクスポートボタンを押す

ここまででLightroomのエクスポート設定が終了したので、”Export”をクリックしてエクスポートしましょう。

 

手順2 ここからがフォトショップの出番

大事!イメージシーケンスをチェック

 

フォトショップを開いて、先ほどエクスポートしたファイルを開く。ショートカットキーはCtrl+Oで開くことができる。

ここでとても重要なポイントが、カーソルの”Image Sequence”にチェックを入れること。一番初めの画像を選択した状態で、イメージシーケンスにチェックを入れて、ファイルを開く。

 

フレームレートの設定

今回は9枚しか写真がないので、フレームレートは5に設定。

大量に写真がある場合は、数字を大きくしてください。

フレームレートは、1秒間に何枚写真を表示させたいか。数字が小さくなればゆっくりになるし、数字が大きくなればスピードが上がる。

 

ビデオレイヤーが作成された

レイヤーボックスの中に、ビデオグループとしてレイヤーが作られたはず。

 

ウィンドウからタイムラインを表示させる

タイムラインの窓がないと作業できないので、出現させる。Windowの中に”Timeline”という項目があるので、表示されていなければそれで表示させられる。

 

手順3 アニメーションのスピードの設定

フレームレートを変更できる

先ほど設定したフレームレートも、いつでも変更可能。

 

スピード調節も可能

タイムラインの中のビデオレイヤーの三角の印をクリックすると、スピードも簡単に変えられる。今回分かったのは、フレームのリミットがいっぱいの状態で、スピードを速くしてしまってからあとで遅くしようとすると、復元ができなかったので、注意。

 

手順4 ビデオの出力

いよいよビデオの出力の段階”Render video”

タイムラインタブの右上にあるハンバーガーアイコンをクリックすると、”Render Video”が出てくるので、それをクリック。

 

保存したいフォルダを選択

“Select folder”を選択して、保存したいフォルダを選択する。

 

保存したい形式を選択

保存したい形式を選ぶ。mp4で保存したい場合は、H.264をクリック。

 

最後に”Export”をクリック

最後に”Export”をクリックして、出力!!!

 

以上です。

 

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました