Photoshop / フォトショップ Photoshop Basic / フォトショップ入門 色を変える

【Photoshopで遊ぼう】ビンテージの写真ぽく周りに影を付けるビネット加工の方法

ビンテージの写真ぽく周りに影を付けるビネット加工の方法 Photoshop / フォトショップ

今日は周りに影をつけるビネット加工の方法をご紹介します。

古い感じの写真や、ピンホールカメラのイメージが作り出せます。

素材と完成品

素材

方法1 レンズ補正でビネット加工をする方法

方法2 選択範囲で影を付ける方法

今日使う英単語

English 日本語 ショートカットキー
Filter フィルタ
Lens Correction レンズ補正
Custom カスタム
Vignette 周辺光量補正
Amount 適用量
Midpoint 中心点
Elliptical Marquee Tool 楕円形選択ツール
Select 選択範囲
Modify 選択範囲を変更
Feather 境界をぼかす
Feather Radius ぼかしの半径
Inverse 選択範囲を反転 Ctrl+Shift+I
Fill 塗りつぶし Shift+backspace
Opacity 不透明度

影をつける方法はいろいろある。今回は2つの方法をご紹介します。

手順1 レンズ補正を使う

  1. Filter/ Lens Correctionを選択。
  2. 画面が切り替わるので、右の方にあるカスタムをクリック。
  3. 中にVignetteという項目があり、AmountとMidpointをちょうど良いサイズに調節。

手順2 選択ツールを使う

  1. 楕円形選択ツールを使い色を変えたい部分を選択。
  2. 選択範囲にぼかしをかける。Select/ Modify/ Feather
  3. 今回の画像は1200 × 800今回の画像は1200 × 800ピクセルでぼかしは50pxかけました。
  4. ぼかしがかかったら選択範囲を反転させる。Select/ Inverse
  5. Esi反転させた選択範囲を黒く塗り潰す。Edit/ Fill
  6. 真っ黒になりすぎるので、レイヤーの中のOpacityを下げる。

解説動画

 

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました