CSS html

画像をレスポンシブにする方法/表示する画面サイズによってサイズを変える

CSS

3つ画像が並んだデザイン。

この画像を、レスポンシブにする。

htmlコードはこちら

img srcsetタグ

この

<img srcset=”img/nat-1.jpg 300w, img/nat-1-large.jpg 1000w”>

が大事で、

nat-1.jpgはデバイスの画面の幅(w=width)が300pxの時に使われる画像。

nat-1-large.jpgは幅が1000pxの時に使われる大きな画像。

sizesタグ

更に付け加えるのがこのタグ。

sizes=”(max-width: 900px) 20vw, (max-width: 600px) 30vw, 300px”

20vwは、画面の幅に対して20%という意味。

300pxは、デフォルトの画面サイズ。

チェックの仕方

chromeのインスペクトツールを使って、確認することができる。

ctrl+shift+Iでインスペクトツールを出して、右上にあるこの3つドットが縦に並んだボタンを選択し、

Add device pixel ratio“を選択。

このように”DPR”というドロップダウンの窓が追加されたはず。

ちなみにDPR=Device Pixel Ratioの頭文字。

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました