Affinity Designer / アフィニティデザイナー Affinity Designer Beginner / アフィニティデザイナー入門

カラフルなカメラアイコンを作る方法【アフィニティデザイナー/Affinity Designer】

Affinity Designer / アフィニティデザイナー

今回の affinity Designer のチュートリアルは、簡単なカメラアイコンを作っていきます!

 

学べる内容は、

  • 円の描きかた
  • 多角形の描きかた
  • シェイプの整列の方法
  • 基点を変えて回転させる方法
  • シェイプをシェイプで切り抜く方法

このような内容が学べます。

今日使う英単語とショートカットキー

English 日本語 ショートカット
Ellipse Tool 円形ツール M
Polygon Tool 多角形ツール
Alignment 配置
Align Holizontally 水平方向に揃える
Align Vertically 垂直方向に揃える
Rectangle Tool 長方形ツール
Duplicate 複製
View 表示
Studio スタジオ
Transform 変換
Subtract 除外
Drvide 分割
Group グループ Ctrl+G

 

解説動画

手順

 

まずは、円を描きましょう。

必ずSHIFTを押しながらドラッグしてください。そうすることで、正円になります。

 

好きな色に塗って下さい。

 

次に6角形を描きます。この時も、SHIFTを押しながら。

 

6角形が描けたら、先ほど描いた正円も選択して、二つのシェイプを整列させます。

上の”Align”ボタンをクリックすると、整列のアイコンが出てくるので、縦と横を真ん中に整列させます。

 

こちらは横を整列させるボタンです。

 

次に、6角形の角度を変えます。一辺が水平になるように。ここでもSHIFTを押すとしっかりとした水平が取れるはずです。

 

次に、長方形を描きます。ポイントは、6角形との角を合わせることが重要です。

 

同じものをコピーして、下に持って行きます。コピーはALTを押しながらドラックすると楽にできます。

 

今度は、右下に角を合わせて下さい。

 

この二つの長方形を一緒に選んで、複製します。複製はCtrl+Jでできます。

見た目は変わりませんが、同じシェイプが2枚重なった状態になっています。

 

Transformウィンドウを出します。View>Studio>Transformに入っています。

 

起点が真ん中になるようにアイコンの真ん中をクリック。選んだ部分が大きな四角になります。

 

60度回転させたいので、360/6を”R(=Rotate)”に打ち込みます。エンターをクリックすると、自動的に回転します。

 

回転できました。

 

パワードゥプリケイトツールが働いて、Ctrl+Jを打ち込むと、同じように回転をかけて複製をしてくれます。

パワードゥプリケイトって何?っという方に、詳しくは下記をご参照ください。

Power Duplicateの機能がめちゃ便利/ 反復複製【アフィニティデザイナー/Affinity Designer】

 

今まで作ったシェイプをすべて選択します。そして、選択したままで”Subtract”を選択して、必要な部分だけ残します。

 

一色のアイコンで良ければここで終わりですが、一つ一つ色を変えたいので、更に”Divide”をクリックします。

 

カラーパレットを使って、一つづつ色を変えました。カラーピッカーツールを使って、パレットに入れておくと便利です。

パレットの作り方は↓

グラデーションのパレットを作る方法【アフィニティデザイナーのチュートリアル】

 

色が変えられたら、グループ化しておくと拡大縮小も一緒にできる。

グループ化はCtrl+G

 

完成!!!お疲れさまでした~。

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました