Affinity Photo / アフィニティフォト Affinity Photo Beginner / アフィニティフォト入門

テキストをキラッとゴールドエフェクト【Affinity Photo/ アフィニティフォト】

Affinity Photo / アフィニティフォト

シックに、ゴージャスに、高級な雰囲気に見せたい時。

アマゾンランキングで、ある商品でカテゴリ1番を取ったクライアント様のバナーを作らせて頂く機会があり、ゴージャスに魅せたかったのでやり方を調べました。

実際には使わなかったものの、このエフェクトを作るのに新しい”照明ライブフィルターレイヤー”を使ったので、そちらをシェアして行こうと思います。

ゴールドテキストエフェクトの見本

Affinityファイルをダウンロードできるようにしました

私が作ったデータのZip添付します。テキストを入れ替えるだけで使えるので、便利!

↑クリックで自動でダウンロードが始まります。

Youtube解説動画

ゴールドテキストエフェクトの作り方解説

新規作成・テキスト作成

今回の新規ファイルは1000×1000pxでやってます。

 

新規塗りつぶしレイヤーも作って背景にします。

Control + F

 

ゴールドが映えるように、暗い色のレイヤーにしました。レイヤー全体の塗りつぶし色は、メニューバーの下の部分で変える事ができます。

 

アーティスティックテキストツールを使って、好きなテキストを入れていきましょう。

エフェクトになるレイヤーの作成

テキストレイヤーに被せていく新規レイヤーをつくっていく。

 

黄色っぽい色にして”パーリンノイズエフェクト”をかけます。

フィルター>ノイズ>パーリンノイズ

Filter>Noise>Perlin Noise

 

パーリンノイズタブが出てくるので、ノイズがしっかり見えるようなくらいまで調節します。

 

作った黄色のパーリンノイズレイヤーを、テキストレイヤーの下に入れ子にします。

更にピクセルレイヤーを作って、雰囲気を出す

入れ子にしたレイヤーの上に、さらに新しいピクセルレイヤーを作成。

 

ブラシツールにしてテクスチャを入れていきます。

 

さっきレイヤーを作る時に使った黄色より、少し暗めの色でやるといいです。

”照明”ライブフィルターでキラキラ感を出す

新規外部レイヤーを出します。

その中に照明という項目が入っていると思うので、そちらを選択。

レイヤー>新規ライブレイヤー>照明

Layer> New Life Filter Layer >lightning

 

たくさん調整機能があるので、出来上がりを見ながら調節していきましょう!

そのままライブ投影されるのが、このフィルターのいいところ!

日本語バージョン

 

照明はひとつだけではなく複数入れることもできます。

Add:追加

 

テクスチャーを動かすと、より立体感が出てゴリゴリのゴールドになります。

 

照明の色を変えることも可能です。

 

照明自体の種類を変えることも可能。

Point:ポイント

Directional:指向性

一回作れば使いまわしができて便利じゃない?

このエフェクトのいいところは、使い回しができるところ。

テキストを変えればそのままエフェクトが使えます。

コメント 作品をシェア!

タイトルとURLをコピーしました